フィギュアは仲間を呼ぶという言葉

一体フィギュアを買うと仲間を呼ぶ、という格言めいた言葉を耳にする事が多かったのですが、それにハマる前の私はそれが一体何の事なのかさっぱり分からなかった、というのが正直なところでした。

 

私がとある2頭身デフォルメのシリーズフィギュアを1体購入したのはちょうど2年前の事。その頃から結構夢中になっていた某ブラウザゲーム、その中に登場するお気に入りのキャラクターで、「部屋の飾りに1体購入する位ならどうという事は無いだろう」という軽い気持ちで購入したものです。

 

実際購入して組立てアクリルケースに入れ、棚の上に飾った直後は大変大きな満足感に包まれたのですが、その1週間後には不思議とそれだけでは足りないな・・という不満が頭の中に燻り出してきたのです。

 

そのキャラの兄弟や仲間達もおり、もちろん同様のシリーズでデフォルメフィギュア化されていたのですが、カタログやネットの画像を見ていると次第にそれ1体だけでは満足出来なくなり、せめてそのシリーズだけでもコンプリートさせなければ、という気持ちに変化していったのです。

 

結局それから約1年をかけ最初の1体の関連キャラとなるフィギュアを計5体も立て続けに購入する事となってしまいました。私の物欲はとりあえずそこで一旦途切れる事となったのですが、更に合計数万円のフィギュア代と更に大きな展示ケースへの買い替え等に出費が嵩んでしまったのです。出費がかさみ過ぎて金欠になるのは当然。
何度も中古フィギュアを買取に出しては、また購入してを繰り返していた時でした。

 

たまたま私の興味の範囲にあるキャラクターが合計10体未満だったから良かったものの、これが仮に数十という規模に膨らんでしまった場合、どこでそのコンプリート欲を押しとどめられたか自分でも正直自信が持てなかったのは確かです。

 

本当にフィギュアを1体買うと仲間を呼んでしまうのか・・と我ながら呆れてしまったのでした。

 

そして更に怖いのが今後の展開。もう既にこの世界や様々なキャラクターに強い関心と興味を抱いてしまっているおかげで、いつ新たな物欲が発生するか予断を許さない状態となってしまっているのです。幸か不幸か自室にはまだ飾るスペースはかなり残されていますから、簡単にその誘惑に負けない様気を引き締めなければなりません・・